Contents
新着記事

このカテゴリの記事一覧です。

2007年04月21日

[309] The Wind in the Willows - 1381823

The Wind in the Willows: Level 3 (Bookworms Series)
The Wind in the Willows: Level 3 (Bookworms Series)
OBW3/YL3.2-3.4/11000語

読んでて風景や、周りのものが浮かんでくるような描写多し。挿絵もとても素晴らしい。内容もほのぼのとしてまったり読めます。MoleとRatのやりとりでお互いを気遣うシーンがあったとこがあって、なんかいいねえって思った(* ̄∇ ̄*)。Toadのめちゃくちゃぷりも楽しい。最後にToadさんがどうなるか、必見です(笑)
★★★★
posted by アウラ at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年04月06日

[307] Love Story - 1368023

Love Story (Oxford Bookworms Library)
Love Story (Oxford Bookworms Library)
OBW3/YL3.2-3.4/8600語

終始興味が持てなかった・・名作「ある愛の詩」のリトールドらしい。男女(夫婦の愛)には一切共感できなかったのですが、父子の親子愛には少し感動。試合を観に来てくれ、あまり盛り上がらないディナーやら、お金を貸してくれるシーン、ラストシーンとちょっと印象に残りました。評判はいい本なので私との相性が合わなかっただけです。
★★
posted by アウラ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年03月26日

[305] Who, Sir? Me, Sir? - 1352838

Who, Sir? Me, Sir? (Oxford Bookworms Library)
Who, Sir? Me, Sir? (Oxford Bookworms Library)
OBW3/YL3.2-3.4/10000語

名門校と落ちこぼれ校の対決。馬に乗ったり泳いだりの練習をして、試合して結局、、って感じですが、終始興味がわかずに苦戦して読んでしまいました(´▽`;)。。Nuttyがあんまり好きになれなかったのが敗因かな..。唯一プールだまって借りてて、見つかりそうになって水着のままバスに乗って、とバタバタしたシーンは楽しく読めました。。
★★
posted by アウラ at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年03月11日

[303] On the Edge - 1333938

On the Edge (Oxford Bookworms Library)
On the Edge (Oxford Bookworms Library)
OBW3/YL3.2-3.4/11000語

Tugがランニングから帰ったら暗転。気付いたら知らないベッドで目覚め、知らないはずの男女が自分の両親と名乗り、Philipと呼ばれ、実はLiamだという。えー(@_@)!!実は両親と名乗る二人はテロリストで・・ってかなり入り組んじゃって、展開がものすごい気になりました。どういうラストがくるんだろう・・と思ったら、ちょ、ちょと待って!!結局・・アレ?1人人格が置き去りになってる気がしたんですが・・読みが足りなかったかな??もう一度読みたいけど、まあいいや(笑)楽しく読めたので◎
★★★☆
posted by アウラ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年03月01日

[301] Henry VIII & His Six Wives - 1312938

Henry VIII & His Six Wives (Oxford Bookworms Library)
Henry VIII & His Six Wives (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/6335語

ヘンリー8世には6人の妻が居た。彼の死後、それぞれ5人の妻からの手紙が出てくる。。最後の奥さんであるCatherine Parrと侍女(メイド?)のMargaretはそれを一つ一つ読みながら、かつての5人の妻達が、どうやって王と一緒になり、そしてどういう形で去ることになったのかが語られる。かなりわかりやすくて、そして中心人物のヘンリー8世の死後に語られてる話なので静かで穏やかな印象。とても読みやすかったです。他に読んだ本や映画などでイギリスの歴史を繋ぎ合わせたくなりました。
★★★★★
posted by アウラ at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年02月27日

[300] The Pit And the Pendulum And Other Stories - 1306603

Pit and the Pendulum: The Pit And the Pendulum And Other Stories (Oxford Bookworms)
Pit and the Pendulum: The Pit And the Pendulum And Other Stories (Oxford Bookworms)
OBW2/YL2.6-2.8/7073語

Edgar Allan Poeの短編5本。Jhon Escott氏がリトールドしてます。5本とも死が満ち満ちてます。暗いです。でも暗いのが美しい!そんな感じ。
「The Pit and the Pendulum」
読みながら想像すると鋭利な恐怖が味わえて◎
「The Cask of Amontillado」
確かにコワいけど、あんまりくるものはなかった。
「The Prematyre Burial」
これはこわい。心配になるのはわかる。気付いたら・・なんてすごい嫌。
「The Meeting」
なんか美しくまとまってる。イタリア感をちょっと味わえる。
「The Oval Portrait」
ドリアングレイみたい。

ちょっと読みづらい部分もあって止まっちゃうこともありました。4,5話は音読しながら読んだらスムースに読めました。なんでだろ。5本とも違った寒気で面白いです。怖いだけでなくさり気なく退廃の美みたいな感じがクセになる。
★★★★
posted by アウラ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年02月23日

[299] The Love of a King - 1299530

The Love of a King (The Love of a King)
The Love of a King (The Love of a King)
OBW2/YL2.6-2.8/7400語

イギリスのTrue Story。勉強になったし、おもしろかったし、何より感動!!エドワード8世は自分の心に従い、弟のジョージに王位を譲った。そして残りの半生を愛する妻と過ごした。恋愛モノはフィクションよりノンフィクションだなあ・・なんてのんきな感想ですが、本当にすばらしい一冊でした。
★★★★★
posted by アウラ at 10:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年02月22日

[297] Death in the Freezer - 1290011

Death in the Freezer level 2 (Oxford Bookworms Library)
Death in the Freezer level 2 (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/6100語

どれ読んでも読み応えがあるTim Vicary著のサスペンス。さりげなくSF的要素が入ってるけどその辺は薄め。弟に殺意を持った姉の行動が前面に。最初人形とsyringeで遊んでるEllenは挿絵含めてかなり怖!!!!でもその辺から引き込まれていった気がします。syringeって単語出てきたときわからなかったので巻末の単語説明見て調べました〜。さくさく読めて楽しかったです。
★★★★
posted by アウラ at 03:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2007年02月17日

[296] The Adventures of Tom Sawyer - 1283811

The Adventures of Tom Sawyer (Oxford Bookworms Library Classics)
The Adventures of Tom Sawyer (Oxford Bookworms Library Classics)
OBW1/YL2.0-2.2/5800語

パタリと途切れて2ヶ月ぶりの多読です(´ー`)
無理せず読まないというきまりはなんと気楽なことか・・・と思いながら久々に読みましたが、レベルも下げておいたせいかとても読みやすかった。トムソーヤーの冒険、有名だけど全然知らない話だった(汗)色々話が飛ぶなーと思いきや、繋がってるので読みやすいし最後もスッキリします。Injun Joeの影がちらつくと私もビビッてました。
★★★★
posted by アウラ at 04:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年12月06日

[290] Mr. Midshipman Hornblower - 1262901

Mr. Midshipman Hornblower (Mr. Midshipman Hornblower)
Mr. Midshipman Hornblower (Mr. Midshipman Hornblower)
OBW4/YL3.8-4.0/13000語

まっすぐででも嫌味のないイケメン(そうとは限らないだろ)海軍士官候補生(=Midshipman)が主人公。その主人公をヨアン・グリフィズが演じたDVD-BOXは2つとも持ってて1話3回以上観たので非常にわかりやすかったです(笑)文章でしかも英語で読めるなんて非常に嬉しかった。(邦訳版はなんでか挫折した・・)

「The Cargo of Rice」での自分の手柄とミスを自分の中で相殺する心の動きなんて頭が下がります。「The Duchess and the Devil」でもたとえ敵と交わした約束であっても必ず守るあたりかっこよすぎます。映像とはそれぞれ少しずつ違ってますが「The Even Chance」が一番違いが顕著というか物足りなかったのでDVD見直しちゃいましたよ。いいねやっぱりこのハナシは。「The Spanish Galleys」だけは読んでもちょっとあんまりピンとこなかったなあ。
1.The Even Chance/
2.The Cargo of Rice/
3.The Spanish Galleys/
4.The Duchess and the Devil

表紙の絵がものすごいヨアンです。
本文の挿絵は全然違うのに(≧∇≦)
★★★★★

そういや初のOBW4じゃないか・・
3からどうも勇気がなくて踏み込めなかったけど、
とうとう来ました!思ったより読みやすかったけど、
内容によっては読めないのも出てくると思う。
見極めが大事ですねー
posted by アウラ at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年11月13日

[271] Tales From Longpuddle - 1188299

The Oxford Bookworms Library: Stage 2: 700 Headwords: Tales From Longpuddle
The Oxford Bookworms Library: Stage 2: 700 Headwords: Tales From Longpuddle
OBW2/YL2.6-2.8/6480語

短編集。結婚に至るまでのラブ話中心かなー。ひねってあるので楽しいんですがどうも飽きちゃって読みすすめるの遅くなっちゃいました。特に各話の前にあるちょっとした解説がダルイ。飛ばしちゃってもよかったんですけどね。
★★★
posted by アウラ at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年09月02日

[236] The Year of Sharing - 1025457

The Year of Sharing: Level 2 (Bookworms Series)
The Year of Sharing: Level 2 (Bookworms Series)
OBW2/YL2.6-2.8/6500

近未来SF、になるのかな。子供は12歳になると森の動物の一員になって1年間を過ごすことに。言葉も通じない中、食べて、歩き、生き延びなければならない。この物語の主人公は鹿の家族の一員となる。鹿と主人公の言葉なき交流がほんと素晴らしいです。静かな雰囲気のリアルな挿絵もイイ。鹿の子供と二人きりになってるシーンがすごい好き。

読みやすかったし、かなり夢中に読んでしまいました〜
★★★★★
posted by アウラ at 00:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年08月29日

[232] The Crown of Violet - 1005337 ★100万語通過★

The Crown of Violet (Oxford Bookworms Library)
The Crown of Violet (Oxford Bookworms Library)
OBW3/YL3.2-3.4/11000

古代ギリシャの話。偶然革命の作戦を知ってしまった主人公、彼は革命を止められるか。ドラマチックに進んでいきましたよぅ。多分ルシアンはイケメンだと思う。ヒッピアスは勝手にクリスチャンスレーターに変換していました。
★★★★★

これで100万語通過となりました!!
posted by アウラ at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年08月23日

[228] The Picture of Dorian Gray - 978367

The Picture of Dorian Gray: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
The Picture of Dorian Gray: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
OBW3/YL3.2-3.4/10000(8/10読了)

オスカーワイルド著のホラー?になるのかな?日本語で一度読んでたのもあってすごい読みやすかった。
一つ難をいうと挿絵のドリアンがあんまり美少年じゃなかった・・さ、些細なことですが重要です(笑)PGRでも出てるので読もうと思います。
★★★★
posted by アウラ at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年07月26日

[221] The Star Zoo - 924852

The Star Zoo (Oxford Bookworms Library 3)
The Star Zoo (Oxford Bookworms Library 3)
OBW3/YL3.2-3.4/10000(7/20読了)

未来SF。地球や地球に住んでいた動物たちはもはや本の中の空想の生き物でしかない世界。もし本物の動く動物を目にしたらどうなるか??SFを英語で読めるのはやっぱりカナーリ楽しい。現在の世界とは違う世界を描くわけだから情景描写や時代背景みたいな情報を普通より丁寧に多く与えてくれるから読みやすいってのもあるかも。
カウンシルってのもスターウォーズっぽくてイイw

いつかSFの大作読むぞーって気合が入ります。
★★★★★
posted by アウラ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年07月23日

[213] Tooth And Claw - Short Stories - 869522

Tooth And Claw - Short Stories: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
Tooth And Claw - Short Stories: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
OBW3/YL3.2-3.4/8200(6/28読了)

サキ短編集。かなりブラックでややシュールなので楽しかった〜。もう少し長いのをじっくり読みたかった気もするなあ。日本語では一つ読んだことありました。ゲイ文学短編集に入ってた作品「ゲイブリエル‐アーネスト」ってやつ。英語のタイトルは忘れたぁ・・狼少年の。。
★★★★
posted by アウラ at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年07月22日

[210] Frankenstein - 850346

Frankenstein: Level 3: 1,000 Word Vocabulary (Oxford Bookworms)
Frankenstein: Level 3: 1,000 Word Vocabulary (Oxford Bookworms)
OBW3/YL3.2-3.4/9400(6/21読了)

哀しき怪物のお話。死体切り貼りして作ったとか妙に怖いよなあ・・・結構知らない部分もあって面白かった。(フランケンシュタイン博士のフィアンセの話とか)博士の怪物に対する心理描写がもう少し欲しかったなあ、、なーんて。結構この話好きなので欲張っちゃいました。でも読みやすかったし面白かったですよぅ
★★★★
posted by アウラ at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[207] Agatha Christie: Woman of Mystery - 823246

Agatha Christie: Woman of Mystery, Level 2 (Oxford Bookworms Library)
Agatha Christie: Woman of Mystery, Level 2 (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/6000(6/13読了)

有名なミステリー作家アガサ・クリスティーの話。クリスティ自身の話とは思ってなかったので私はなんとなく肩透かしでしたぁ。読み進めていってもあまり興味は湧きませんでした。
★★★
posted by アウラ at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年06月11日

[198] Five Children and It - 755838

Five Children and It (Oxford Bookworms Library)
Five Children and It (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/6200

なんか変な生き物が出てきて願いをかなえてくれるファンタジー。そのへんな生き物がまたやる気ないのがわらえる。
飛んだり顔変わったり色々楽しい。
もっともっと読みたかった。
★★★★★
posted by アウラ at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年05月26日

[197] The Death of Karen Silkwood - 749638

The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)
The Death of Karen Silkwood (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/5600

放射性物質の工場で働くKarenの突然の死。
事故か?それとも・・・
彼女の死までがたんたんと綴られていきます。
実話で映画アリとのこと。
radioactive・・
Chemical Secretも怖かったけど、
こっちはなんだか身近で怖!

★★★★
posted by アウラ at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年05月25日

[195] Chemical Secret - 736614

Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
Chemical Secret: Stage 3: 1,000 Headwords (Oxford Bookworms)
OBW3/TL3.2-3.4/10000語

お気に入り著者 TimVicary著。
話も面白いし文章にひきつけられて
さくさく読めます。
モルモット実験の結果・・・・メッチャ怖い。
legって単語みるだけでも鳥肌たつようになった。
結構深刻で結局子供は・・・
★★★★★
posted by アウラ at 21:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年05月21日

[188] The Bronte Story - 707324

The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
The Oxford Bookworms Library: Stage 3: 1000 Headwords: the Bronte Story (Oxford Bookworms Library: Stage 3)
OBW3/YL3.2-3.4/9600

Vicary著。Bronte家の実話です。たんたんと進んでいくんですが、もう、なんか切ないんだなあ・・昔の人たちってこんなにすぐ病気になって死と隣りあわせだったんだよな・・
6人も子供が居て奥さん含め、皆亡くなっちゃうとは・・・娘たち(息子も一人)はそれぞれ皆才能があって、一人は有名なジェイン・エアの著者。

読みやすかったです。静かに心打たれる作品なのでまた落ち着いたら読み返してみたい一冊かも。
★★★★★
posted by アウラ at 01:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年05月15日

[182] Sherlock Holmes and the Sport of Kings - 670563

The Oxford Bookworms Library: Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Sport of Kings" (Bookworms)
The Oxford Bookworms Library: Stage 1: 400 Headwords:
OBW1/YL2.0-2.2/5700語

シャーロックホームズ。冷静で賢いね〜ホームズは。ワトソン君とのコンビネーションも楽しいし。今回は・・ああネタバレになっちゃうから何もかけない(笑)ヒントと答えがすっきり結びついて動機とか種明かしとかわかりやすくてよかったです。後味も悪くないし。
★★★★
posted by アウラ at 22:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[175] Return to Earth - 642435

Return to Earth (Oxford Bookworms Library)
Return to Earth (Oxford Bookworms Library)
OBW2/YL2.6-2.8/5700語

SFを英語で読めるってめっちゃ嬉しい!
SWへの道も遠くないって気がしてくるから♪
しかしこの話怖い・・・読み終わってから表紙の絵の怖さが増します。

あんまり読みやすくなかったんだけど先が気になったのでどんどん読めました。
★★★★★
posted by アウラ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[173] The Piano - 636835

The Piano: Level 2 (Bookworms Series)
The Piano: Level 2 (Bookworms Series)
OBW2/YL2.6-2.8/7000語

どの評をみても評判がいいこの本。
ありきたりの話ではあるけど素直に感動できた。文章もめちゃめちゃ読みやすい。音楽に満たされていく感覚がとてもイイ。自信持って人に薦められる1冊〜
★★★★★
posted by アウラ at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[171] The White Stones- 628935

The White Stones (Oxford Bookworms Starters S.)
The White Stones (Oxford Bookworms Starters S.)

OBW0/YL0.9-1.2/1500語

初のRPG形式。全部の選択肢行けたのか不明ですが
こういった形式もたまには面白いかも。
一度スタートに戻されたときはショック・笑
内容はほんのり古代ロマン気分を味わえた。ほんのりね〜
★★★
posted by アウラ at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年05月08日

[170] Justice- 627435

Justice: Stage 3 (Oxford Bookworms Library: Thriller & Adventure)
Justice: Stage 3 (Oxford Bookworms Library: Thriller & Adventure)
OBW3/YL3.2-3.4/10000語

冒頭からテロ事件発生でバタバタバタバタ。
一番冒頭シーンの凄惨な現場を想像するのが怖かったかも。

多読をはじめてからTim Vicary著の本は面白い!
って毎回実感しているんですが、今回もよかった。

全体的にハラハラドキドキ。 
まあありきたりの話ぽいんだけど
一日で読み終えられたし、
かなり臨場感たっぷりで楽しかった。
★★★★★
posted by アウラ at 01:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[165] The Canterville Ghost- 606467

The Oxford Bookworms Library Stage 2: 700 Headwords: "The Canterville Ghost"
The Oxford Bookworms Library Stage 2: 700 Headwords:

OBW2/YL2.6-2.8/5500語

幽霊付きの家を買ったアメリカ人一家。
プロの幽霊が出てきても全然怖がらない一家(笑)

前半〜中盤かなりコミカルな感じで進んでいくけど、
Virginiaと話しはじめてGOSTの辛い過去の話とか
始まったらなんだか切ない。
終わり方もなんとも情緒アリな感じでした。

途中眠くなった所もあったんですが(笑)
とても読みやすかったです。
眠かった部分は全部読み終わった後に
そこだけ改めて読み直しておきました。

オスカーワイルド著。
完全版を読んでみたいかも。
時代背景とかもっと詳しく書いてありそう。
★★★★
posted by アウラ at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年04月30日

[161] Grace Darling- 597274

Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)
Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)
OBW2/YL2.6-2.8/6700

ほんとの話と知ってびっくり。
大型客船が難破。生き残った人たちも寒さで次々に死んでいく。灯台の女の子Graceが生存者を見つけ、父と助けに行く話。

はらはらしたー!!一気には助けられないから、半分だけ連れて一度暖かい部屋に戻るんだけど・・た残りの人たちを、救いに行かなくちゃ行けない。私なら無理ー!腹痛いから、無理とかいって見捨てそう。

いや、おもしろかったです。
★★★★★
posted by アウラ at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年04月09日

[151] Go, Lovely Rose and Other Stories- 554977

Go, Lovely Rose and Other Stories (Oxford Bookworms Library)
Go, Lovely Rose and Other Stories (Oxford Bookworms Library)

54ページ/OBW3/YL3.2/7800
普通の話なのになんだか独特な雰囲気で書き綴られた短編3作です。1話目は幻想的な感じがしたんだけど結局待ってただけかい。。。とちょっとがっかり。2話目は結構先が気になったけど・・なんだか不完全燃焼。3話目は後味悪い・・笑 全体的に話は好きじゃないんだけど、作者の書き方なのかな、なんとなく雰囲気が幻想的な感じがして結構気に入ったかも。同じ作者の他の作品を読んでみたい(H.E.BATES)
★★★

何気に手に取って読んだこの本、、OBW3デビューの一冊となってしまった・・
posted by アウラ at 01:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年03月08日

[145] Under the Moon (Oxford Bookworms)- 518551

Under the Moon (Oxford Bookworms)
Under the Moon: Stage 1: 400 Headwords (Oxford Bookworms)
40ページ/OBW1/YL2.0/5400

近未来SF。温暖化する地球、破壊されたオゾン層。そこで考えられたのが人口オゾン層だった。しかしそれさえも壊れようとしている。どうなる地球っ!?ってなかなか面白そうなんだけどやっぱり話が短いからかいまいち盛り上がりに欠ける〜。(期待が大きいだけに・・)でも読みやすかったし途中まで面白かったので読んでよかった。
★★★
posted by アウラ at 23:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年01月16日

[132] Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)- 429828

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)
Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5900

Bounty号で、反乱が起きキャプテン以下十数名が小船に乗せられて少ない食料で流されてしまう。
流されちゃう怒りっぽいキャプテンBlighと、いい人そうだけど反乱を起こしちゃうChristian。結局どっちが悪いとかどっちが不幸になったとかそう単純じゃなくって最後どうなるのか気になって最後まで読み進めました。
ただ、感情移入があんまりできなかったなあ、どちらにも肩入れせず淡々と書かれていたからかな?
ただ、死者を出さずに(一人殺されたけど)小船での航行を乗り切ったBlighってすごいなあと思いました。映画にもなっているみたいなので機会があったら観てみたいです。

★★★
posted by アウラ at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年01月03日

[113] Sherlock Holmes and the Duke's Son- 367527

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"
Sherlock Holmes and the Duke's Son
40ページ/OBW1/YL2.0/5950

有名なシャーロックホームズとワトソンの推理小説!Dukeの息子が誘拐されたという事件を探るホームズたち。
状況説明、現場検証、推理、謎解き、エンディングと筋が通っていてわかり易い構成でした。しかし色々な事実を覚えながら検証しながらホームズの言葉と照らしながら・・って日本語でも難しいこと英語でするんかいヾ(´▽`;) いつもより集中力が必要でした。なので脳内体操になったかな?

最後のなー一番興味深いものってなんだろなー。紙っぺらでなんとかなっちゃうっていうことの皮肉なのかな?ホームズは本当にもらったのかなあ・・・最後の正誤設問をちらっと読んだらあとで返したっていう選択肢が・・あの設問の答えはどこに?

・・・なんてちょっとスッキリしてない(読み取れてないのか)けど、ホームズが動いてワトソンが引っ張られていく感じの個性が出ていて楽しかった。他のもぜひ読みたい。
★★★★
posted by アウラ at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月27日

[101] Pocahontas: Level 1 (Bookworms Series)- 320175

Pocahontas: Level 1 (Bookworms Series)
Pocahontas: Level 1 (Bookworms Series)
40ページ/OBW1/YL2.0/5300

ポカホンタスってディズニーが一番有名かな!?イギリス人がアメリカ大陸に上陸して街作って・・そのうちの一人がポカホンタスと出会い恋に落ち・・
内容は色々映画にもなってて私もどれかに触れたことがあるみたいでちょっと知ってました。ポカホンタスの経緯は知らなかったんですけどね〜今度コリンファレルがJohn Smith、クリスチャン・ベールがJohn Rolfeで映画やるっていうのを意識して読んだら楽しくて楽しくて。挿絵完全無視してジョン・スミスは脳内コリン化していました。
★★★★★

映画楽しみ〜です。
The New World/imdb
The New World US公式
posted by アウラ at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月25日

[96] The Omega Files (Oxford Bookworms Library)- 297579

The Omega Files (Oxford Bookworms Library)
The Omega Files (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5800

政治的にもみ消されちゃった話3つ。
X-FILEみたいに女一人、男一人のペアで捜査に向かう。ボスがうさんくさくていい(笑)全体的な流れはいいんですが、個人的には一話をじっくり読みたかった気もします。最初の薬の話なんか読みたかったかも。
★★★
posted by アウラ at 03:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月22日

[93] The Monkey's Paw (Oxford Bookworms Library)- 289787

The Monkey's Paw (Oxford Bookworms Library)
The Monkey's Paw (Oxford Bookworms Library)
39ページ/OBW1/YL2.0/4900

Monkey's Pawは3つの願いを叶えてくれるという。
しかし願いは叶うが結局不幸な結果になってしまう・・おそろしーです。腹八分目がいいですよ、やっぱり。幸せな家族だったのに・・・英語ってことを忘れるくらいに夢中で読んでしまいました。どうなるんだこの幸せ家族!?って感じ(笑)しかし。。。最後の方想像すればするだけ不気味です・・機械に・ああ・・
★★★★

そういえばMonkey's Paw、最近のドラマ野ブタをプロデュースでも出てきてました。結構リアルな剥製(?)っぽくて怖かったヾ(´▽`;) 
posted by アウラ at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月21日

[92] White Death (Oxford Bookworms Library)- 284887

White Death: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
White Death: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/7100

空港でヘロイン所持で捕まってしまったSarah。放免か死か・・
OBW1シリーズで評判がかなりよいこの作品。かなり期待をしていました。結構色々詰め込まれていて楽しめました。言い回しがカッコイーと感じるところがいくつかありました。裁判のシーンでは相手側の弁護士の突き放すような意地悪っぽい言い方が映画とかでよく観るような感じで何だか嬉しかったです。結構長いのにとっても読みやすかったです。
★★★★★

Aziz(inspector)が一番かっこよかったです・・誰がぴったりかなあと考えて色々考えて・・メイスウィンドウ!って俳優じゃないじゃん(笑)いや、、、スターウォーズのあのメイスの雰囲気だったらカッコいいなあなんて・・最後の彼の過去の告白も彼が言っていると思うと楽しくて♪(えーと俳優名はサミュエルジャクソンでしたね)
posted by アウラ at 02:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月19日

[89] Sister Love and Other Crime Stories- 267687

Sister Love and Other Crime Stories
New Sister Love
40ページ/OBW1/YL2.6−2.8/5857

3つのショートミステリーストーリー。
勢いで読ませる作家JohnEscott著。3つとも読みやすかったし面白かったです。3つめの話で途中ベビーシッターの部分が??状態だったのですが飛ばしても意味がわかったのですっとばしてみました。気になったのであとで??部分を読んだら無事意味がわかりました(笑)あんたも同類ってことねー
★★★★
posted by アウラ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月16日

[87] Goodbye Mr Hollywood (Oxford Bookworms Library)- 261210

Goodbye Mr Hollywood (Oxford Bookworms Library)
Goodbye Mr Hollywood (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5700

旅先で可愛い女の子に出会ってから不穏なことがNickに起きはじめる。そのわけは??
何が起きているのか気になってどんどん読めてしまいました。かなり読みやすかったです。私は通勤時と帰宅時と二回に分けて読んでしまったのですが一気に読んだ方が絶対面白いと思います。今度機会があったら一気読み再読してみよー。しかし最後 My plane で帰りやがって・・・金持ちめー(´▽`;)
★★★★
posted by アウラ at 01:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月15日

[85] The Coldest Place on Earth (Oxford Bookworms Library)- 250250

The Coldest Place on Earth: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
The Coldest Place on Earth: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/6300

二つのグループのどちらが先に南極点に到達するか・・?
絶対興味湧かないだろうと思いながら読んでいたので、大して面白くもなく・・・というか半分眠りながら読んでいましたヾ(´▽`;)どうせ堅実に進んでいるノルウェーの人たちが先に到達してイギリスの人たちは悔しがるだけかなーなんて思いながら、ラスト・・まさか死人が出るとは思ってなかったので、最後になってやっと釘付けに。そして、読み終わって即再読です(笑)一気に最初から読み直しました。イヤー面白かったです。一回目は流れが追える程度に英文を読んでいただけですが、二回目はやっと話を読むことができたようです。いくら文章がちょっと読めるようになったとしても興味が湧かなければ結局読めないんだなと実感。
★★★★★

大抵の場合は結末を知ったら面白くないけど、この話のような場合、結末を知ってからじゃないと興味が湧かないこともあるんだなーとかなり興味深い体験でした。
それにしてもこの南極点到達への道のりの話、全然知らなかったんだなあとこちらも実感(汗)
posted by アウラ at 01:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月14日

[84] The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library)- 243950

The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library)
The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5700

魔女裁判話。
OBW1シリーズで一番評価が低かったのでどうかなと思ったのですがすごい読みやすかったし怖いし娘はひどいしで結構楽しめました。特に挿絵・・・怖すぎです。
★★★
posted by アウラ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月13日

[83] Mary Queen of Scots (Oxford Bookworms Library)- 238250

Mary Queen of Scots (Oxford Bookworms Library)
Mary Queen of Scots (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/7300

スコットランドの女王メアリーの話。史実です。
うかつにも・・・(?)感動してしまいました!大部分は女王から息子へ語る形で書かれていてそれなりに臨場感があります。そしてラストはメアリーの侍女の視点で書かれるのですが、これが妙に泣ける。英語を読んでいることを忘れて物語に入り込めました。
★★★★★
posted by アウラ at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[82] Love or Money? (Oxford Bookworms Library)- 230950

Love or Money?: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
Love or Money?: Level 1: 400-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/7300

ある女性が殺されるが動機を持つ人がたくさん。犯人は身内か?それとも?
誰も彼女の死を悲しんでないっていうのがなんとも悲しいですね〜。とても読みやすかったです。OBW1シリーズにはすっかり慣れたので読む前に構えることなく気軽に読めるようになりました。(PGR2はまだ気合がいる・・)
★★★
posted by アウラ at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月10日

[76] Christmas in Prague (Bookworms Series)- 194165

Christmas in Prague (Bookworms Series)
Christmas in Prague (Bookworms Series)
38ページ/OBW1/YL2.0/4700

1957年のクリスマスの悲劇からはじまり、現在に舞台は移る。
切ない感じの感動ストーリーな仕上がり。音楽もいい味を出しているし映画にすると面白いかも。先が気になって一気に読んでしまいました。文章もとても読みやすい。PRAGUEってプラハ(チェコスロバキアの首都)だそうで。最初読めなかった〜
★★★
posted by アウラ at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月09日

[75] The Phantom of the Opera: Level 1 (Oxford Bookworms Library)- 189465

The Phantom of the Opera: Level 1 (Oxford Bookworms Library)
The Phantom of the Opera: Level 1 (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/6200

オペラ座の怪人の話〜。ミュージカルや映画など色々有名で私も大好きです。
ガストンルルー著の日本語訳は児童書と大人用の二種類読みました。・・・があまりにも四季版に慣れすぎたためかあまりオリジナルストーリーには感情移入できず。
でも今回英語で読めたことは凄い感慨深かったです(≧∇≦)/しかし内容はやっぱり普通。短くなっているからとも思うけど、恐らく原文ままで全部読んでもあんまり感想は変わらないかも・・・英文は読みやすいです。シャニュイ伯爵の→Vicomte de Chagnyの形を見ながら映画の発音を思い出していました。
★★★
posted by アウラ at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月07日

[72] Remember Miranda (Bookworms Series)- 17926

Remember Miranda: Level 1 (Bookworms Series)
Remember Miranda: Level 1 (Bookworms Series)
39ページ/OBW1/YL2.0/5100

Harvey家に住み込みで働くことになったCathy。亡くなった奥さんについてや、近所のNickのことなど色々教えてもらえない秘密があるらしい・・。
表紙だけだとラブコメかよと思うくらいに明るい雰囲気だけど実際どんより暗い。なんか不安で、でも何が不安なのかわからないまま話が進んでいって疑心暗鬼がつのっていく感じ。誰も信用できなーい。いい人っぽいNickが一番怖かったかも・・読み終わって結構スッキリしました。
★★★
posted by アウラ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[71] The Withered Arm (Oxford Bookworms Library)- 174326

The Withered Arm (Oxford Bookworms Library)
The Withered Arm (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5900

農場主の結婚相手はわかくてかわいーGertrude。彼女の腕にある夜から痣が消えなくなります。それはなんと人の指の跡で・・
って結構不気味で怖いです。ただ・・疲れててあんまり集中できなかったせいかストーリーを追っているだけであんまり感情移入できなかったです。おもしろくないなーと思いながら読むとどんどんテキトーになっていくし(汗)機会があったら再読してみたいです。(しないだろうなヾ(´▽`;))
★★

1冊つまらなかったり集中できなかったりすると次行くのがプチに怖かったりするんですね〜。(英語恐怖・・笑)こういうときはレベル下げるかユル〜イ絵本でも読めばいいのですけれど・・明日持っていく一冊悩む〜
posted by アウラ at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月06日

[69] The President's Murderer: Level 1 (Bookworms Series)- 167126

The President's Murderer: Level 1 (Bookworms Series)
The President's Murderer: Level 1 (Bookworms Series)
40ページ/OBW1/YL2.0/5200

大統領を殺した男が脱獄。Felixは全力で彼を探し出そうとするが・・
だんだんミステリーも骨太になってきたので嬉しいです。かなり読みやすく、脱獄犯を追っていくうちに浮かび上がっていく疑惑に、先が気になっちゃってどんどん進みます。終わり方も結構好きです。Felixカッコイー♪これ以降どうなったのか気になるところ。
★★★★
posted by アウラ at 00:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[68] Wizard of Oz level 1 (Oxford Bookworms Library)- 161926

Wizard of Oz level 1 (Oxford Bookworms Library)
Wizard of Oz level 1 (Oxford Bookworms Library)
41ページ/OBW1/YL2.0/5900

オズの魔法使い。
一緒に旅しているメンバーの特長とかは知ってたので読んだ気になっていたのですが・・今回はじめて結末まで知りました(笑)読んだことなかったんだ自分・・そして、そうだったんだーオズの魔法使いって・・・多読しなかったら一生知らなかった結末かも・・あんまり人に言えないわ〜。とても読みやすかったです。なんといっても挿絵がかわいい。ライオンがつままれてる絵とかヤヴァイくらいにかわいいですよ。
★★★★
posted by アウラ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月05日

[66] Aladdin and the Enchanted Lamp: Level 1 (Bookworms Series)- 153751

Aladdin and the Enchanted Lamp: Level 1 (Bookworms Series)
Aladdin and the Enchanted Lamp: Level 1 (Bookworms Series)
41ページ/OBW1/YL2.0/153751

アラジンと魔法のランプの話。
ディズニーの話しか知りませんでした。ノーマルな話が読めて嬉しいです。挿絵がとてもいい味を出していました。魔法のランプ・・・欲しいなあ。あ、でも指輪のジーニーさんの方がイケメンぽいのでそっちがいいかも(今回の挿絵ではね・・)
★★★★
posted by アウラ at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月03日

[64] The Elephant Man: Level 1 (Oxford Bookworms Library)- 143281

The Elephant Man: Level 1 (Oxford Bookworms Library)
The Elephant Man: Level 1 (Oxford Bookworms Library)
37ページ/OBW1/YL2.0/5900

エレファントマンの話。(詳細はAmazonリンクのレビューが詳しい。)
結構良く聞くし舞台にもなっているようですが全然内容を知りませんでした。なので今回この本を買ったとき読めるようになるのを楽しみにしていました♪ もっとヒドく迫害されて最後フランケンシュタインの様にみんなに疎まれて終わるのかと思ったら(そういえばフランケンシュタインもマジメに本を読んだ事はないかも・・)決してそうではなく意外でした。最期こそ切ないですが心温まるお話でした。今後もっと詳しいのを読みたい!と思えたのでよい足がかりになりそうです。
★★★★★
posted by アウラ at 00:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月02日

[61] Little Princess (Oxford Bookworms Library)- 132131

Little Princess (Oxford Bookworms Library)
Little Princess (Oxford Bookworms Library)
41ページ/OBW1/YL2.0/5800

むかし日曜の夜に「小公女セーラ」っていうアニメをやっているのを観ていましたが、その話をまさか英語で読めるとは思っていなかったので感慨深いです。セーラをずっと探していたお父さんの友達に出会った時や、その友達の夢の中で言ったセーラのお父さんの言葉とか、じわりときてしまいました。(どうでもいいけどアニメを観ていなかったらSara=セーラって読まずにサラって読んでいただろうなあ)
★★★★★
posted by アウラ at 01:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年12月01日

[60] The Lottery Winner: Level 1 (Bookworms Series)- 126331

The Lottery Winner: Level 1 (Bookworms Series)
The Lottery Winner: Level 1 (Bookworms Series)
40ページ/OBW1/YL2.0/5600

若い男が Emma Cater(old women)を殴り鞄を奪う。その中には宝くじが入っていたが、それはなんと大当たり!最後に笑うのは誰だ!?
テンポがよくとても読みやすかったです。先が気になってどんどん読めました。ちょっとだけ弁護士の名前を覚えるのが億劫(コラ)でした〜。終盤どうやってまとめるのかと思ったら・・そうきたかー(≧∇≦)/ ちょっと皮肉で爽快で、読み終わったあとはスッキリです。
★★★★

今回、通勤中の電車の中でに半分読み、帰ってきて半分読み終わりました。電車で読むのもまたいいですね。行きはともかく帰りはちょっと飲んでいたし、しかも座れちゃったので本は開いたものの寝ちゃいましたヾ(´▽`;)ゝ
posted by アウラ at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年11月27日

[55] One-way Ticket (Oxford Bookworms Library)- 104431

One-way Ticket (Oxford Bookworms Library)
One-way Ticket (Oxford Bookworms Library)
38ページ/OBW1/2.0/5533

電車を舞台にしたショートストーリー3つ。
最初の二つはちょっと明るめでオチもまあ、まあすっきり。でもあんまり面白く感じられず読むのも遅かった。最後はちょっと怖い話。こういうのは好きなので速度もあがりました。
★★★

手元にある本がYL2以上ばっかりになっちゃったので、YL1台の本を仕入れてまいりました♪そしてさりげなく10万語突破しました!あと10倍で100万ですね。がんばります。
posted by アウラ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年11月23日

[47] Robin Hood (Oxford Bookworms Starters S.)- 73907

Robin Hood (Oxford Bookworms Starters S.)
Robin Hood (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1500

ロビンフッドの話。コミック形式。
ロビンフッドの映画好きでした〜しかし、さすがに24ページじゃあ最後まで描けないよね・・ちょっと消化不良です。絵も雰囲気もよかったのですが。PGR1で出ているようなので読んでみようと思います。
★★★
posted by アウラ at 16:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[46] Orca (Oxford Bookworms Starters S.)- 72047

Orca (Oxford Bookworms Starters S.)
Orca (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1700

Jackたち4人が船で世界を廻っていて途中捕らわれているOrcaの赤ちゃんを救います。その後彼らは大波に遭い・・
ストーリーはあんまり好きじゃなかったけど読みやすいことは読みやすかったです。金持ちの道楽わたしもしてみたいなー。でも海はちょっと・・
★★
posted by アウラ at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[44] Starman (Oxford Bookworms Starters S.)- 69202

Starman (Oxford Bookworms Starters S.)
Starman (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1500

スーツ姿の不思議な男を拾って帰るBill。お医者さんを呼ぶが・・
ホラーともファンタジーともSFともいえる話。面白そうな感じなんですが正直前半眠くて(笑)後半面白くなってきました。なんといっても絵柄が好きじゃなかったので半減しちゃいましたがラストは予想外で良かったです。
★★★
posted by アウラ at 03:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年11月20日

[32] Drive into Danger (Oxford Bookworms Starters S.)- 49902

Drive into Danger (Oxford Bookworms Starters S.)
Drive into Danger (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1500

怪我をしたトラックの運転手に代わって、運転をすることになったKim。
ちょっとしたカーアクションがありますヾ(´▽`)スピード感たっぷり。
そういえばこのシリーズの最後のページにいくつかの単語の説明が英語で書かれているけど、これって結構面白い。以前どの本か忘れたけどmaybe=perhaps ですっきりした覚えがあります。(いやー実はmaybeの方が曖昧な記憶だったもので・・)日本語訳で覚えるよりもわかりやすいかも。
★★★
posted by アウラ at 04:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[30] King Arthur- 47502

King Arthur
24ページ/OBW0/0.9/1500

イギリスのアーサー王の話。コミック形式。
なんといってもイラストがダークでアートで好みです。英文も読みやすかったし、内容も面白かったので満点♪悪い人はわるーい顔をしているし、ランスロットはそれほどかっこよくないし(笑)、最後のシーンとか凄い好き♪次は文章で読みたいかも。
★★★★★
posted by アウラ at 02:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年11月15日

[20] New York Cafe (Oxford Bookworms Starters S.)- 24764

New York Cafe (Oxford Bookworms Starters S.)
New York Cafe (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1500

SFっぽい近未来の話。ニューヨークカフェのコンピュータが曲者。なかなか面白かったです。挿絵も雰囲気出ていました。あのあとどうなったか続きが知りたいです。
★★★★
posted by アウラ at 18:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2005年11月14日

[16] The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Library)- 19264

The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Library)
The Fifteenth Character (Oxford Bookworms Library)
24ページ/OBW0/0.9/1500

ちょっとした事件が起きます。絵があんまり好きじゃないですが読みやすかった。ストーリー的には、そんなに大事なものなら持ってくんなーなんて思っちゃったり。Zappが好きじゃないだけかもヾ(´▽`;)

★★★
posted by アウラ at 21:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[13] Police TV (Oxford Bookworms Starters S.)- 14164

Police TV (Oxford Bookworms Starters S.)
Police TV (Oxford Bookworms Starters S.)
24ページ/OBW0/0.9/1500

毎日発生している盗みについてを二人の警察官が捜査。
短いながらも色々詰め込まれていて面白いかも。挿絵で犯人がわかっちゃうのもあって先が気になるってことはないけどスピード感があって楽しめました。

★★★
posted by アウラ at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。