Contents
新着記事

2005年10月03日

[The Rising Force (Star Wars Jedi Apprentice)]19章後半

The Rising Force (Star Wars Jedi Apprentice)(19章後半)6ページ
登場人物メモ
Gui-Gon /
Grelb / Whiphidたち
draigons


wedge くさびを打ち込む
flocking 集まっている、群がっている
collapsed つぶれる、倒壊する
frenzy 逆上、激しい興奮
stupid 愚か者、能無し
dove 突進する(dive)
leathery ひどく硬い
soared 舞い上がる、昇る
swiveled 旋回する
strove 闘う
diversion 気分転換
plummeted 逆さまに落ちる
shrieked きゃーと叫ぶ(doraigonが)
piercing 身を切るような、甲高い
trembled 身震いする、恐れる
fissure 割れ目、裂け目
talons かぎづめ

hurtled 激しくぶつかる
hairy 身の毛のよだつ
fortunately 幸いにも、ありがたいことに
adept 名人、熟練者
squeezing 縛る
thus それゆえに、したがって
dared あえて〜する
tide 潮
fled 逃げる捨てる逃れる(free)
shivered 身震いするおののく

relieved 開放された、安心した
shriek 金切り声
desperation 絶望
odd 奇妙なこと
ripple さざなみ
faint おぼろげな
concentrated 集中させる
astonished 驚いて
calm 冷静
urgent 差し迫った
glance 一瞥する
clumsy ぎこちない
beckon 招く
thud ゴツンという一撃
slimy ぬるぬるした
clung くっついて離れない
flock 群れ
chase 追跡、追撃
ravenous 貪欲な
lamenting 悲しむ、嘆く
henchman 忠実な部下
crevasse 裂け目を生じさせる
jaw あご
defeat 敗北
slithered ずるずるすべる
profit 利益



doraigons と闘い続ける Grelb と Whiphid たち
洞穴の中に潜むクワイガン。
しかし一匹の doraigon に見つかってしまう・・

絶体絶命か・
絶望と共に、ぼんやりとした奇妙なフォースを感じた。
それはオビワンのフォースだった・・

Obi-Wan needs me!

しかし彼は戸惑いを隠せない。

The Boy shouldn't have been able to call him.
Obi-Wan wa not his Padawan.
They were not connected.


意を決してとびだすクワイガン。

doraigonと共に降下してくるクワイガンを見て、
彼は自分自身でジェダイをしとめねば、と彼を追う。

------

オビワンもう少し押せばパダワンになれるよ!
なんて応援してみたりして(・-・*)

------

a と the の違いを読んでかろうじて(笑)身についたと
思うので、読みすすめる手助けになることもありそうです。
a だと結構気楽で、the がついているとあれ?こいついつ
話題になったっけ?ちょっと考えてたまに前の文に戻ったり。

結構クリーチャーsと複数の名前のない生物が出てくるので、
紛らわしいんですねー(笑)

ちなみにa と the の違いはこの本で。
ネイティヴの感覚がわかる英文法―読む、見る、つかむ英文法の要点64
ネイティヴの感覚がわかる英文法―読む、見る、つかむ英文法の要点64

posted by アウラ at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [★JA]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。