Contents
新着記事

2005年10月02日

[The Rising Force (Star Wars Jedi Apprentice)]19章前半

The Rising Force (Star Wars Jedi Apprentice)(19章前半)7ページ
登場人物メモ
Gui-Gon /
Grelb / Whiphidたち


inched up 徐々にあがる
ledge 岩礁
pouring 雨が激しく振る
grasped つかむ
crevices 割れ目隙間
barely かろうじて、やっと
exposure 発覚
crags 険しい岩山
scary 恐ろしい
patience 忍耐、辛抱
chafed 摩擦、皮膚がすりむける
bleeding 極度の
gleaming かすかな光、閃光
fold 折りたためる
plunged 飛び込む、急に下がる
wriggled のたうちまわる、もがく
tainted 汚す
definitely 間違いなく
slick すべらかな
clung しがみつく
splinters 破片
craned 伸ばす
errand boy つかいっぱしり
merrily 楽しく
painfully 苦しげに

chortled 声高に笑う
ascent 上り
gradually 徐々に、次第に
rough 粗い
threatened 恐れがある
barrage 集中砲火、一斉射撃
squirm もがいて逃げる、みもだえする
cringe 縮こまる、すくむ
blow off 吹き飛ばす
eagerly はやる思いで、楽しみに
precariously 不安定に
arced 弧を描くように動かす
vaguely 漠然と、曖昧に
razor かみそり
reptile 爬虫類

sore 痛むところ
sulfur 硫黄
acrid さすような、つんと



クワイガンは崖を登りつづけ、やがて、雨が激しく降り出し、
雷鳴が轟く。稲光によって恐るべきクリーチャーdraigonsに
居場所が知れてしまいそうになるが、何とか危機を逃れる。

クワイガンはやっとダクティルの近くまで来ることが出来た。
しかし Grelb が Whiphid 達と待ち伏せていた!
彼らはクワイガンをいたぶりはじめたが、
後ろからdraigonsが・・

--------

危機でも落ち着いているクワイガン。さすがです。

--------

雷な感じが伝わりやすかったです〜
split と snarled の意味がわからなかったけど予測可能でした。

Nearby, lightning split the sky and thunder snarled.

split the sky (雷鳴などが)空に轟く
辞書にはこうありました。
posted by アウラ at 04:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | [★JA]
この記事へのコメント
split はボーリングの(ピンが左右にわかれて残ってしまう)
あのスプリットですね。
lightning split the sky も、
稲妻が空を左右に割ってるように見える感じを表してるんでしょうね〜。
英語の表現って、面白いですね!
Posted by ness at 2005年10月02日 07:47
nessさん>
おーあのボーリングのスプリットでしたか!私がクリアできないあれですね(笑)もう忘れなさそうです。
>稲妻が空を左右に割ってるように見える感じ
なんとなく詩的な感じがしますね〜♪英語のこういった表現に出会えると私もすごーい嬉しくなってしまうんです!
Posted by アウラ at 2005年10月02日 13:19
mailplane phosphorite poetesque caprificate antimartyr cephalocele descend tetraonidae
Redwood Empire Association
http://www.folkdancing.org/ohio.html

章前半
Posted by Rosalyn Bernard at 2007年12月16日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。