Contents
新着記事

2006年01月27日

[136] Amanda Pig, Schoolgirl (Puffin Easy-to-Read Level 2)- 447026

Amanda Pig, Schoolgirl (Puffin Easy-to-Read Level 2)
Amanda Pig, Schoolgirl (Puffin Easy-to-Read Level 2)
48ページ/PER2/YL1.2〜1.4/1428

Amandaちゃん初めての学校!かなり楽しみにしている感じがかわいー。なかなか馴染めないLollipopとのふれあいも何だか癒されました。Amandaちゃん、お兄ちゃんと一緒の時よりも大人な感じになってます。

GRがあんまり楽しめなかったので気分転換に読んだら癒されました。こういう本を間に入れるのは大事だなあ・・新しいのがなかったら再読でもいいから入れるべきかも。
★★★★★
posted by アウラ at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■LR-ICR/PER (絵本系)]

[135] The Lady in the Lake (PENG)- 445598

The Lady in the Lake (Penguin Readers: Level 2 S.)
The Lady in the Lake (Penguin Readers: Level 2 S.)
39ページ/PGR2/YL2.2/7100

探偵ものです。奥さんが居なくなったので探してと依頼されて、調査していくうちにいくつも死体にぶちあたる・・
いやーあんまり楽しめなかった・・色々人が入り組んでいて把握するのが大変なのもあったし、こういう話よく出てくるよなあなんて思ってしまったらあんまり興味なくなってしまった・・・。私にとって探偵ものは楽しめる気分の時とそうじゃない時があるみたい・・。

The same names go round and round in a little dance.って文は気に入りました。まさにそんな感じ
★★
posted by アウラ at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

2006年01月25日

SSS多読セット到着

私の場合、多読のホンを選ぶ時は面倒なので、
SSSの多読推薦セットを購入しています。
sss:http://www.seg.co.jp/sss/
ようやくSSS-3Aが届くことになりました。
SSS-2A、SSS-2Bもまだ残っていて、オークションで
まとめて安く購入した絵本も残っているのですが(汗)

今回届いたのはこんな感じ。

Robin Hood / PGR2 / 2.4
Sweet Valley High-Secrets / PGR2 / 2.4
Gandhi / PGR2 / 2.4
Wave, The / PGR2 / 2.4
Death in The Freezer / OBW2 / 2.8
Death of Karen Silkwood, The / OBW2 / 2.6
Grace Darling / OBW2 / 2.8
Henry VIII and his Six Wives / OBW2 / 2.8
Love of a King, The / OBW2 / 2.8
Tales from Longpuddle / OBW2 / 2.6
Year of Sharing, The / OBW2 / 2.6
Double Bass Mystery, The / CER2 / 2.6
Jojo's Story / CER2 / 2.6
Logan's Choice / CER2 / 2.6
Chemical Secret / OBW3 / 3.2
Go, Lovely Rose and Other Stories / OBW3 / 3.2
Love Story / OBW3 / 3.2
On the Edge / OBW3 / 3.4
Who Sir? Me Sir? / OBW3 / 3.2
Wind in The Willows, The / OBW3 / 3.4

OBWシリーズの装丁って統一感があって好きなので、
今回それが多くて嬉しい。
CERシリーズのしかもCER2を楽しみにしていたので
今回から一緒になっているので嬉しい♪

------------

今後楽しみなのがこれ。
映像を観ているので楽しみすぎ
Mr Midshipman Hornblower(4A)、
→ヨアングリフィズのホーンブロワーが最高でした・・
Rogue Trader(4A)、
→ユアンマクレガーの黄色と黒のシャツが目に焼きついてます。
Gladiator(5A)
→もう、これ傑作!ラッセルクロウ!

------------

・・はやくスラスラ読みたーい


posted by アウラ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [-英語多読関連-]

2006年01月23日

[134] Dream Snow- 438498

Dream Snow
Dream Snow
Eric Carle著/YL1.5/370

農家のおじいちゃんの話。
エリックカールの絵本はやっぱり色の塗りが面白い。
みんなが寝ている間に銀世界なところが何だかよい感じでした。
微妙に内容的に響くものが少なかったけどヾ(´▽`;)ほのぼのしました。
最後にボタンを押すと音が鳴ります。

★★★
posted by アウラ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[133] Stranger Than Fiction (PENG)- 438128

Stranger Than Fiction (Penguin Reading Lab, Level 2)
Stranger Than Fiction (Penguin Reading Lab, Level 2)
35ページ/PGR2/YL2.2/8300

小話集。
1話1ページ程度なので気楽に読めます。
あんまり時間がない時や気が乗らない時に
1話だけ読むっていうのに最適。
かなりダラダラ読みました。
笑えないのもあったけど読みやすいしよい繋ぎになったので◎
★★★★☆
posted by アウラ at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

2006年01月21日

なかなか・・

8a.jpgちょいと用あって更新がなかなか
できずちょっと歯がゆいです。
来週にはまた読みまくり!
ですよ!
posted by アウラ at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | [dialy]

2006年01月20日

日記

風邪ひいちゃいました。
なので洋書多読も一休みしました。
マンガも読めんかったです・・
CDヘッドフォンで聴いて横になっていました。
音楽って素晴らしい・・(涙)

また少しずつ復活しよーっと。
読みたい本もたまっているし。
これは日本語の本も含めてですが・・
最近電車タイミング悪くて毎日混んでて本読めないんですよねー


posted by アウラ at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [dialy]

2006年01月16日

[132] Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)- 429828

Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)
Mutiny on the Bounty (Oxford Bookworms Library)
40ページ/OBW1/YL2.0/5900

Bounty号で、反乱が起きキャプテン以下十数名が小船に乗せられて少ない食料で流されてしまう。
流されちゃう怒りっぽいキャプテンBlighと、いい人そうだけど反乱を起こしちゃうChristian。結局どっちが悪いとかどっちが不幸になったとかそう単純じゃなくって最後どうなるのか気になって最後まで読み進めました。
ただ、感情移入があんまりできなかったなあ、どちらにも肩入れせず淡々と書かれていたからかな?
ただ、死者を出さずに(一人殺されたけど)小船での航行を乗り切ったBlighってすごいなあと思いました。映画にもなっているみたいなので機会があったら観てみたいです。

★★★
posted by アウラ at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

2006年01月14日

[131] Draw Me a Star- 423928

Draw Me a Star
Draw Me a Star
Eric Carle著/YL0.2/250

星を描いてー犬を描いてー人間かいてーな絵本。
色彩がすごいー。アーティストが描いている夜の絵がとっても好きです。

最後のページにエリックカールの手書きのメッセージというかエッセイというかそんなのが1ページあるのですが、筆記体!あんまり判別できないっすよ(汗)本を斜めにしてちょっと下の角度から読んでみました。疲れたので途中で諦めました・・・(Amazonの紹介ページのハードカバーからの転載レビューにちらりと説明が載っていて、ああ、できれば読みたいな。と思ったので、また違う機会に読んでみようと思ってます。)

★★★★(あとがき読めなかった悔しさからー1)
posted by アウラ at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[130] Anne of Green Gables (PENG)- 423678

Anne of Green Gables: Level 2 (Penguin Readers S.)
Anne of Green Gables: Level 2 (Penguin Readers S.)
39ページ/PGR2/YL2.2/8000

赤毛のアンのお話〜アニメでしか観た事がなかったので読めて嬉しかったです。色々なエピソードが詰め込まれて飽きることなく読みきることが出来ました。
Matthewおじさんが亡くなったのが切なかったーーもっと、もっとMatthewおじさんとの交流が読みたかったです。

PGR2の中でもかなり読みやすい方だと思いました〜。
★★★★
posted by アウラ at 03:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

2006年01月13日

[129] The Secret Birthday Message- 415678

The Secret Birthday Message
The Secret Birthday Message
Eric Carle著/YL0.5/160

Timの誕生日、一通の暗号の手紙が届いた。
その手紙の通りに進んでいくとプレゼントが!

ページがカットされていてちょっとした仕掛け絵本♪文章の量は少ないんですが思い切ったイラストと色彩、かなり堪能しました。最後の全体図がわかりやすくて復習するのにとてもよい。
★★★★★
posted by アウラ at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

2006年01月11日

[再読] Marcelシリーズ(Stephen Rabley著)3冊- 415518

Marcel and the Mona Lisa (Penguin Joint Venture Readers S.)Marcel Goes to Hollywood (PENG)Marcel and the White Star (Penguin Joint Venture Readers S.)

Marcel and the Mona Lisa 前の感想
Marcel Goes to Hollywood前の感想
Marcel and the White Star前の感想
PGR0/YL0.8/900+700+900=2500

3作ともStephen Rabley著でねずみのMarcelが主役。
結構クールでカッコイー紳士が大活躍です。
はじめて読んだときよりも二回目はちょっと退屈ヾ(´▽`;)
短いからいいけど長いバージョンだったら読むの辛いかも。
でもイラストがとてもキレイなので幸せ気分。
posted by アウラ at 02:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

[128] Freckles (Penguin Readers Level 2)- 413018

Freckles (Penguin Readers Level 2)
Freckles (Penguin Readers Level 2)
23ページ/PGR2/YL2.2/3100

そばかすのせいであまり男の子と縁がないSusie。いつも一緒の友達のDonnaは可愛くて肌もキレイで彼女の笑顔でおちない男の子はいないくらいらしい。そんなDonna、ちょっとシャイなJackを狙う。Susieを使って作戦開始。

ビバヒル風味な展開でかなり気楽に読み進めていけました。Jackが結構かっこいーのでその辺も満足(笑)終わり方もスッキリです。
★★★
posted by アウラ at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

3 [The Hidden Past (Star Wars JA)]10章

The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice)
The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice)
(10章)4ページ
登場人物メモ
Gui-Gon / Obi-Wan /
Paxxi / Guerra / Duenna / Terra

(JAList)
pondered
whip
murmur
squeeze
insolent
beg
sink
drawn
tread
mingle
satchel
suspect
rebel
rueful


Paxxi / Guerraと共に居たことをTerraに知られるDuenna。
口論し、脅され、その場を去る二人。

なんと、Duennaは兄弟の母だという。
そしてシンディキャットのTerraは、
Duennaの娘。
つまり、Paxxi / Guerra のsister。
Terraは11歳のときにリニューアルされてしまったという。
かつての記憶はもうない。

--------

道化っぽい二人の兄弟がだったけど、
何だか悲劇っぽくなってきました。
まず、メモリーワイプされちゃうって
いう設定が怖すぎます。クワイとオビ、大丈夫かー
posted by アウラ at 02:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | [★JA]

2006年01月10日

3 [The Hidden Past (Star Wars JA)]9章

The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice)
The Hidden Past (Star Wars Jedi Apprentice)
(9章)9ページ
登場人物メモ
Gui-Gon / Obi-Wan /
Paxxi / Guerra / Duenna

(JAList)
strokes
methodical
sloopy
defeated
disappoint
irritably
enthusiastic
achieved
vault
suit
circuit
retracted
premises
eased
glitterd
finest
prowled
poking
treasury
shreded
robbed
accumulate
earnestly
abundance
interrupted
invent
transfer
measure
seize
stern
locate
headed
warehouse
loaded


戦いが一段落し、ほっとする4人。
去ろうとすると倒れた敵のコムリンクのスイッチが入る。
うまいこと答えるクワイガン。
だがすぐにここは封鎖されるという。
無事貯蔵庫を見つけるが封鎖まで時間がない。
とりあえず戻る4人。
内通者のDuennaが待っていて、4人を急かす。
そこへ・・・シンディキャットのTerraがDuennaを呼ぶ声が・・

---------------

ほんと久々のJA読み。
結構読みやすくなってきました。
でも単語調べまくりは変わらず(笑)
でも分からない単語を全部調べるのはやめました。
Paxxi / Guerra 兄弟のやりとりにクワイが
ため息をつくあたり、楽しいですねー。
Paxxiの機械で他にわたったら危険っていう
仕組みの意味がよく取れなかったのですがまあ、いいか〜
のちのちわかるでしょう。と気楽に。
posted by アウラ at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [★JA]

Eric Carle(エリックカール)の絵本に惚れ

Eric Carle(エリックカール)の絵本にこの一冊で惚れてしまいました。
なんといってもイラストの色彩っぷりがとても好みです。
動物モノも多いですが今のところそれ以外に興味があるので、
その辺を探してみました。全て注文済みですヾ(´▽`;)

The Secret Birthday Message
The Secret Birthday Message


Draw Me a Star
Draw Me a Star


Dream Snow
Dream Snow

ちょっと季節外れになっちゃったけど、
近所の本屋さんで日本語版が売っていました。
ちらっと見たらよさそうだったので。
ペーパーバック探したけど見つからず。
この本はハードカバーしかないみたい。

I See a Song (Blue Ribbon Book)
I See a Song (Blue Ribbon Book)

↑これは売り切れみたいだったのでアメリカAmazonの
マーケットプレイス
で購入。
posted by アウラ at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | [book]

2006年01月09日

現在までのジャンル別ベストワン

現在127冊読了。40万語突破。
気紛れに現在までのジャンル別ベストワン。
まだあまり出会えてないので、ひっそりさらっとランク。

[■GR-PGR]
123冊目 Don't Look Now

[■GR-OBW]
85冊目 The Coldest Place on Earth

[■GR-その他]
56冊目 Parallel

[■LR-ICR/PER (絵本系)]
52冊目 Owl at Home

[■PB (児童書)]
34冊目 The Knight at Dawn (Magic Tree House)

[■絵本]
125冊目 Papa, Please Get the Moon for Me


-----
番外編!?っていうか、
JAシリーズ以外の絵本系でベストワン。

[StarWars]
Star Wars Episode II: Anakin : Apprentice
posted by アウラ at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | [-英語多読関連-]

[127] Mr Bean in Town (PENG)- 409918

Mr Bean in Town (Penguin Readers: Level 2)
Mr Bean in Town (Penguin Readers: Level 2)
24ページ/PGR2/YL2.2/3900

Mrビーンの話が2つ入っています。
一つは誕生日、おしゃれしてレストランに行く話。もう一つはたくさん溜まった洗濯物をランドリーで洗濯する話。

どちらも気楽に読めてわかりやすい。実はビーンの映像ってあんまり観た事なくて観た時はぜんぜん面白さを感じなかったんですが、文章だと何だか面白かった。本当に読みやすくて集中力ない時でも大丈夫な感じ。

pretendっていう単語だけは知っておいたほうが楽しめます〜。私は前に出会ったことがあるはずなのにどうしても思い出せなくて久々に調べちゃいました。特に一話目では重要(笑)周りの文章から割り出そうとしたのに全然出てこなかった、チッ。
★★★★
posted by アウラ at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

[126] Little Bear (I Can Read)- 406018

Little Bear (I Can Read)
Little Bear (I Can Read)
63ページ/ICR1/YL1.2/1626

LITTLE BEAR と MOTHER BEAR がメインで4つの話で構成されています。
文章も挿絵もとても癒されました。特に!挿絵のLITTLE BEARの目が最高でした〜上目遣いだったり黒目になったり、口あけたりうつむいたり・・ほーんといい表情の連続。
「Little Bear goes to the Moon」が一番好きかな。空飛んで月に行くぞーってな感じ。「Birthday Soup」の猫の機転も良かった。
★★★★★
posted by アウラ at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■LR-ICR/PER (絵本系)]

[125] Papa, Please Get the Moon for Me- 404392

Papa, Please Get the Moon for Me
Papa, Please Get the Moon for Me
YL1.5/235語

子供に月を取ってきてって頼まれるパパ、なんとか頑張ってとりにいこうとします。
エリックカールの絵本って有名みたいなんですが、初めての一冊。とてもコンパクトなサイズであっけなく読み終えちゃうかなと思ったら、ちょっとした仕掛け絵本なので楽しかったです。
月の絵の塗りがとっても好きです。私的には最強に癒されてしまいました。
疲れたらまた読もうっと。
★★★★★+
posted by アウラ at 06:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[124] Goodnight Moon- 404157

Goodnight Moon
Goodnight Moon
YL0.5/130語

最近読んだこの絵本がすごい良かったので購入したMargaret Wise Brown (著), Clement Hurd (イラスト)の一冊。
全てにおやすみなさいを言って眠るうさぎの話。
小さい頃、わたしも色々なものに挨拶して寝たのを思い出しちゃってなんとも癒されてしまいました。心リセットな一冊。サイズもコンパクトでかわいー絵本でした。
★★★★★
posted by アウラ at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

2006年01月08日

[123] Don't Look Now (PENG)- 404027

Don't Look Now (Penguin Readers: Level 2 S.)
Don't Look Now (Penguin Readers: Level 2 S.)
35ページ/PGR2/YL2.4−2.6/7200

娘を亡くして傷心旅行に来たJohnとLaura。何故か近くに座った二人の女性がこちらを見ている。イギリスに残してきた息子が調子悪くなって病院に行っているとの知らせを聞いて戻ることにした二人だったが・・
怪奇小説です。凄い面白かったーー先が気になっちゃって、気になっちゃって、たまりませんでした。読み始めてすぐの時はすごい読みづらくて意味が取りづらかったのですがあんまり気にせず進めました。8ページ目くらいから面白くなってきてそのあとはノンストップ。
ラストを読んですっきり!(するかどうかは人による内容だと思いますが)

しかし最後の挿絵は怖いです。実は最後の挿絵を中盤くらいでチラ見しちゃっていて、コレは何だ?どうやって終わるつもりなんだろうと凄い気になっていたのでした。
JohnのLauraに対する気持ちが細かかったので感情移入しやすかったです。
ラストでスッキリしたけど怖い、怖かったけど面白かった。

英文は結構読みづらくなってきたような気がしました。一文が長くなってきたからかな。
多分興味がわかない内容だったら完読するの無理だったと思います。
行数も詰まってきて文字も小さくなってきたので目を離すとどこ読んでたっけ?ってことも〜ヾ(´▽`;)
★★★★★
posted by アウラ at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

[122] The Case of the Missing Monkey: The High-Rise Private Eyes (I Can Read)- 396827

The Case of the Missing Monkey: The High-Rise Private Eyes (I Can Read)
The Case of the Missing Monkey: The High-Rise Private Eyes (I Can Read)
48ページ/ICR2/YL1.7/1200

うさぎのBunnyとあらいぐまのJackがコンビを組んで、失われたガラス細工の猿の謎を調べます。
意外に難しかったんですけどーーヾ(´▽`;)
挿絵に助けられました。
とぼけた二人のかけあいが面白かったー。
また時間おいて読んでみよう。
★★★
posted by アウラ at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■LR-ICR/PER (絵本系)]

[再読] John Escott著のPGR04冊- 395627

Lucky Break (Easy Start Penguin Reader)Newspaper Chase (Easy Start Penguin Reader)The Big Bag Mistake (Easystarts Penguin Young Reader Series)Hannah and the Hurricane (Penguin Reader Series: Easystarts)

Lucky Break 前の感想
Newspaper Chase 前の感想
The Big Bag Mistake 前の感想
Hannah and the Hurricane 前の感想
PGR0/YL0.8/900×4=3600

4作ともJohn Escott著の話。PGR0なので多読をはじめてすぐくらいに読んだ本たち。
さすがに前よりスラスラ読めるようになっているかも。
はじめて読んだ時は面白くないなあと思ったのが多いけどこうして
まとめて読み直すと、結構面白いかも。
同じ作者の作品を一気に読み直すって言うのも面白かった。
またやってみよー。

※再読本は単語数は加算するけど冊数加算はしない方向でいきます。

posted by アウラ at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

[121] Story of Treasure Seekers (PENG)- 392027

Story of Treasure Seekers (Penguin Readers Level, 2)
Story of Treasure Seekers (Penguin Readers Level, 2)
38ページ/PGR2/YL2.2/6300

6人の兄弟たちが貧しい生活のなか、なんとかお金を稼ごうと色々頑張ってます。
The Railway Childrenと同じ作者で、雰囲気も似た感じだったのですがなぜか私はこっちの話は感情移入できず。
悪ガキな行動が鼻に付いちゃったのかな・・??

The Railway Childrenでは女の子が主人公で、今回は男の子が主人公だったってこともちょっとあるのかも。まあ、でも読みやすかったのでまた機会があったら読んでみよー。
★★
posted by アウラ at 02:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

2006年01月06日

英語の文法書を英語で読む

英語の文法・・・
洋書の多読の記録のblogさんで紹介されていた文法書。
かなり・・気になります・・・
他にもたくさん種類があって色々迷うのですが一冊、
一度じっくり読んでみたいと思っています。
出来れば買う前にパラパラみてみたいので、
本やさんで探してみようと思ってます。(あるといいなあ・)

Grammar in Use Intermediate With Answers: Self-Study Reference and Practice for Students of English (Grammar in Use S.)
Grammar in Use Intermediate With Answers: Self-Study Reference and Practice for Students of English (Grammar in Use S.)


こちらもどこかで以前紹介されていたのをみた事があるのですが・・
もうちょっと迷ってみよーと思います。
Basic Grammar in Use With Answers: Reference and Practice for Students of English , Beginner
Basic Grammar in Use With Answers: Reference and Practice for Students of English , Beginner

posted by アウラ at 02:57 | Comment(17) | TrackBack(1) | [book]

[120] Stormy Night (Scooby-Doo Picture Clue)- 385727

Stormy Night (Scooby-Doo Picture Clue)
Stormy Night (Scooby-Doo Picture Clue)
32ページ/400語くらい

外は雨や雷。家の中には何かがいるみたい・・
Scooby(いぬ)とShaggyが一緒に怖がって逃げ回ってるんですがものすごい仲良さそうで癒されてしまった〜。やっぱり英文の中に絵が混じっていてとても視覚的に読めます。登場人物の名前が絵に置き換えられている部分でいうと、名前見てそのキャラの顔を思い浮かべて、っていうプロセスが省略されるから楽なんでしょうね〜。

これはシリーズ16作目。何だか全部そろえたくなってきたけど一冊が結構高いしきついかな〜
★★★★
posted by アウラ at 02:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | [■絵本]

[119] Meet Big Foot (Scooby-Doo Picture Clue)- 385327

Meet Big Foot (Scooby-Doo Picture Clue)
Meet Big Foot (Scooby-Doo Picture Clue)
32ページ/400語くらいかな

森に遊びに来たんだけどどうもビッグフットがいるみたい・・
スクゥービードゥーシリーズ12作目。
とはいいながらはじめて読んだのですが、英文のなかに絵が入っていて何だか不思議な感じ。最初よみづらいだろうなあと思ってたんですが、結構これが読みやすい〜。久々の出勤ですっかり疲れ目だったのですが気楽に楽しく読めました。
★★★★
posted by アウラ at 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[118] Rescue Heroes: Earthquake- 384927

Rescue Heroes: Earthquake
32ページ/約200語

地震が起こった!Rescue Heroes出動だ!町の人々を救え!
5人のメンバーが町の人々を救うため、ちからをあわせて活躍します。
結構アメリカではグッズも売っていたりして人気みたい。
私的には・・これだけ読んでも盛り上がれなかったですヾ(´▽`;)
★★

ビデオも出てるー
Rescue Heroes: Movie
Rescue Heroes: Movie
posted by アウラ at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

2006年01月05日

[117] Tales from Hans Andersen (PENG)- 384727

Tales from Hans Andersen: Peng2:Tales From Hans Anderson NE (PENG)
Tales from Hans Andersen: Peng2:Tales From Hans Anderson NE (PENG)
33ページ/PGR2/YL2.4-2.6/10000

アンデルセンの童話が5つ入ってます。一気に読まず、気が向いた時や長文多読はちょっとなーと思った時に読みました。
最初内容知らずに表紙を見たら赤いし無表情の女の子が座ってるし不気味だったのですが親指姫でした。

「みにくいアヒルの子」可もなく不可もなく・・うーんでも何だか素直に読めなかったなぁ・・最後白鳥になって幸せになった主人公は素直に良かったねとは思えたけど、何だか話自体にカチンときた(笑)すいませんひねくれていて・・

「ナイチンゲール」はこの話はじめて知りました。結構シュールな雰囲気があって好きかも。

「人魚姫」この話は知っていたけど最後はすっかり忘れてました。王子様とハッピーエンドになってたかと思った。水のあぶくになりました、ってラストを読んだことがあるような・・

「裸の王様」は何だか耳が痛い話ですねぇ。大袈裟な表現なだけで・・かなりありえる話だ・・大人になってからの方が皮肉さが伝わってくるかも。

「親指姫」は何だか怖かったかも・・・みにくいやつから結婚申し込まれたらヤダ、美しかったら会ってすぐ結婚申し込まれてOKしちゃうし。ねずみなんて、親指姫が逃げたらこの白い歯でギタギタにしてくれるよ、と言ってくるし(それは意訳しすぎ・・笑)まあ、全体的に何だか怖かったです。

5話、それぞれ色々な意味で楽しかったので満点。また読みたいかも。
★★★★★
posted by アウラ at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

2006年01月04日

[116] The Mill on the Floss (Guided Reader S.)- 374727

The Mill on the Floss (Guided Reader S.)
63ページ/MMR2+/YL1.2/6600

美しくて聡明なMaggie。好きな男性と相思相愛になるも、家の問題で結ばれることが出来ず、二人目の男性ともまたも相思相愛になったのになんと友達の彼氏。しまいには家の近くの川が氾濫して・・

何だかねー幸せになれる素質というか確率がすごい高そうなのに結局悲しい結果に。
でも切ない話なのにどうにも感情移入できなかったのはなんでかな〜

冒頭の著者GeorgeEliotの人生の説明の方が心動かされていましたヾ(´▽`;)

英文はとても読みやすく、最初の方では登場人物の名前と顔のイラストが一覧になっているので登場するたびに確認していけば誰が誰だかわからなくなることもない。(このシリーズはみんなそうみたい。便利♪)
★★★
posted by アウラ at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-その他]

[115] The Runaway Bunny (Board Book)- 368127

The Runaway Bunny (Board Book)
The Runaway Bunny (Board Book)
34ページ/YL1.5/400

おかーさんうさぎから逃げようとして色々なものに変化してまで逃げるBunny、更に更に変化して追っかけるおかーさんウサギ。の文章とイラストがモノクロで2ページ続いた後には見開きカラーで逃げるBunny、追う母のイメージ絵。
それが繰り返されるのですが、なんとも面白い。逃げ方の発想も捕まえようとする方の発想も、そして出来上がったイメージ絵がほんとおかしー。
crocusとgardenerのイメージ絵が凄いウケてしまった・・・
tightrope walkerの母の勇姿にも頭が下がります。
読み終えて最後にはほんのーり暖かい気分になれます。

英文はif文がたくさん。パターンも決まっているので、
リズムがよくかなり読みやすいです。
★★★★★
posted by アウラ at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[114] Penguins (Scholastic Science Readers)- 367727

Penguins (Scholastic Science Readers)
Penguins (Scholastic Science Readers)
32ページ/約200語

ペンギンのカラー写真がたくさん掲載されて、特徴、生息分布、生態などさらりと説明されています。
確か最近映画で皇帝ペンギンって上映していたと思うのですが、残念ながら私は観れませんでした〜。卵うんだ母親が餌を取りに行って、父親が卵を守るっていう所の説明もありました。映画では厳しい部分も表現されていたみたいなんですがこの本ではその辺はなし。子供達が無事大人の第一歩を踏み出して終了です。

子ペンギンが集まってる写真がめっちゃかわいーです。

waterproofっていう単語、マスカラ以外で出会ったのが初めてだったので何だか嬉しかった〜ヾ(´▽`;)
★★★
posted by アウラ at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

2006年01月03日

[113] Sherlock Holmes and the Duke's Son- 367527

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"
Sherlock Holmes and the Duke's Son
40ページ/OBW1/YL2.0/5950

有名なシャーロックホームズとワトソンの推理小説!Dukeの息子が誘拐されたという事件を探るホームズたち。
状況説明、現場検証、推理、謎解き、エンディングと筋が通っていてわかり易い構成でした。しかし色々な事実を覚えながら検証しながらホームズの言葉と照らしながら・・って日本語でも難しいこと英語でするんかいヾ(´▽`;) いつもより集中力が必要でした。なので脳内体操になったかな?

最後のなー一番興味深いものってなんだろなー。紙っぺらでなんとかなっちゃうっていうことの皮肉なのかな?ホームズは本当にもらったのかなあ・・・最後の正誤設問をちらっと読んだらあとで返したっていう選択肢が・・あの設問の答えはどこに?

・・・なんてちょっとスッキリしてない(読み取れてないのか)けど、ホームズが動いてワトソンが引っ張られていく感じの個性が出ていて楽しかった。他のもぜひ読みたい。
★★★★
posted by アウラ at 04:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-OBW]

[112] The Runaway Turkey (Rugrats Ready-to-Read)- 361577

The Runaway Turkey (Rugrats Ready-to-Read)
The Runaway Turkey (Rugrats Ready-to-Read)
31ページ/568語

Angelicaがパレードでお姫様として出るのでワクワク。友達にも自慢していたのにいざ本番って時に王冠を忘れて取りに行くことに。戻ったら乗るはずのパレードの台は行っちゃって・・

結局自慢された友達の方が冒険しちゃって目立っちゃったりします。キャラクターの絵が個性的でみんな何かたくらんでいそうな目をしているのが気になりましたヾ(´▽`;) 読みやすかったです。
★★★
posted by アウラ at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[111] The Big Itch (Big Red Reader)- 361069

The Big Itch (Big Red Reader)
The Big Itch (Big Red Reader)
0.7−1.2/417語

大きな赤い犬Cliffordのシリーズ。
その大きな犬が虫に刺されたのか背中がかゆくてかゆくて仕方がなくて、かいたり、りんごの木にこすりつけたり、しまいには街に出て信号でかいたりしてました。

”Clifford the Big Red Dog”のシリーズは結構出ているみたいなのでまた読みたいです。
★★★

実際に読んだのはタイトルが違いました。
↓でも内容はおんなじみたい。再販したのかな。
Clifford the Big Red Dog (An Itchy Day)(amazon.us)
posted by アウラ at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

2006年01月02日

[110] Black Tulip- 360652

Black Tulip
Black Tulip
63ページ/MMR2+/YL1.6-1.8/9200

Black Tulipをはじめて咲かせたら賞金だすぞーとお触れが。頑張って作り始める裕福で善良なCornelius。しかし彼は牢獄に入れられてしまう。そこでRosaという女性に出会い恋に落ちる。
その偶然出来すぎてるだろーって思うところが多いけどこれがサクッと映画になっちゃうと爽快なんだろうなあ。英文は一文が短くとても読みやすかったです。
★★★

アレクサンドルデュマ著。なので元はフランス語なんですね〜
いつかフランス語も読めるといいな〜なんてねー
posted by アウラ at 15:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | [■GR-その他]

2006年01月01日

[109] Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House)- 351452

Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House)
Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House)
68ページ/Magic Tree House/YL2.5 〜 3.5/4946

シリーズ7作目。氷河期にとびます。マンモスや石器時代の生活に触れます。
しかし二人の世界は夏で、しかもプール帰りのまま雪の世界に行っちゃったのでだいぶ寒そう。タオル巻いたってあったかくならないよ(´▽`;) パレードしていた動物たちの単語がよくわからなかったな。洞窟の壁に書かれた絵の挿絵の動物達なんだろうからその辺で想像しておきました。でもそれ以外は同シリーズの中でもかなりわかりやすい英文だったように思います。
★★★★★


5-8セット
Magic Tree House Books #5-8: Night of the Ninjas/Afternoon on the Amazon/Sunset of the Sabertooth/Midnight on the Moon

posted by アウラ at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■PB (児童書)]

[108] The Incredible Shrinking Teacher (Books for Young Readers)- 346506

The Incredible Shrinking Teacher (Books for Young Readers)
The Incredible Shrinking Teacher (Books for Young Readers)
33ページ/858語

こわーい先生、今回は身体が小さくなってしまいます。
一見怖そうな先生だけど、ちゃんとパーティの用意をしてくれていたりと意外といい先生っぷり発揮なので憎めないです。読めない単語もあったけど絵本は絵が詳しいのでわかりやすいです。
★★★★

語数はamazonでもわからなかったので、前回読んだのと同じくらいだったので同じにしました。
posted by アウラ at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■絵本]

[107] Babe - the Sheep Pig (Peng Level 2)- 345648

Babe - the Sheep Pig (Penguin Readers: Level 2 S.)
Babe - the Sheep Pig (Penguin Readers: Level 2 S.)
34ページ/PGR2/YL2.4/8100

映画にもなった「ベイブ」の話。
よくテレビでやっているので途中からなら何度か観たことアリ。ベイブと母親みたいに世話をしてくれるシープドッグのフライや羊たちが凄い魅力的に書かれていて読んでて楽しかったです。特にフライがベイブを倣って羊たちに丁寧に接してみたのが良かったー。
挿絵がいつもに比べて少なかったし、文章も長そうだったので、挫折しないように出来るだけゆっくり読みました。挿絵は映画の1シーンなので何だか嬉しくなります。ベイブもかわいー
★★★★★

映画↓結構感動した覚えが・・
ベイブ
ベイブ

映画ではもう一頭怖そうな犬が一緒だったような気がするけど・・

posted by アウラ at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | [■GR-PGR]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。